2(ツー)レバの女

第01回 1997年度 受賞作品
入賞作品
作者名:(氏名割愛)
所属企業:婦人服販売店勤務

記事(紹介文)

 
 原宿の駅から表参道の長い坂道を登って行くと、ふと空気が変わる瞬間がある。それまでのまとわりつくような熱気は消え、洗練された雰囲気がただよう。そこは南青山ブランドストリート。2年前、私はそこで働いていた。それも、南青山一入りづらいと言われる、イッセイミヤケの路面店、(「ヨウジヤマモトと並んで」という声もある)にいたのである。
 ガラス張りの中、平均身長168センチという先輩お姉さま方に囲まれ、場違いのようにちんまりと立っている、ずんぐりむっくりの私。もうこっけいそのもの。でも、そんなおぼこ娘の私にも、得意なお客様はいた。
 一人目は、外人のお客様。好奇心のかたまりの私は、恐いもの見たさから外人さんと話すのが大好き。もちろん、決して英語が得意とか、しゃべれるというわけではない。外人さんは目と目が合うとスマイル。日本人のように目をそむけたり、恥ずかしがって下を向いたりしない。だから私もスマイル。言ってることは、「レッド イズ ベスト」「アイ ライク イット」など、まるっきりの中学英語。でもスマイル。わからなくてもスマイル。お客様も「変だけど、陽気な日本人」って感じで、気に入ってくれるらしい。私は、そう、〝バイリンガル気どり〟って気分なのだ。
 そして2人目は得意中の得意、中高年の有閑倶楽部の奥様方である。このお客様、マヌカンを困らせる三(スリー)レバと言うものを持っている。それは、「あなたのように、若けレバ」「あなたのように、細けレバ」「あなたのように、背が高けレバ」の三レバである。(またの名を「オバサン・レバサン」ともいう)。そして、奥様方は指をくわえて逃げていく。しかし私の場合、「あら、若いけど私と同じような体形ね。この子が着こなせるなら、私も着れそうね」「あら、私もなかなか似合うじゃない」というふうになる。そう、私は「細けレバ」「背が高けレバ」がそろったニ(ツー)レバの女なのである。
 そんな私が強い味方に見えるのか、「娘が言うことを聞かないのよ」なんて人生相談されることもあった。そんなときは、好奇心も手伝って、「娘さんを信じて、そっとしておくのも、いいんじゃないでしょうか」なんて”みのもんた”してしまう。そうすれば、「お嬢さま」の目は、信頼感に満ちあふれ「若いのに、しっかりしているわ」となる。
 埼玉にひきこもって、もう2年。夫と子供の3人で平和な日々なのだが、あの三レバの奥様方、また店のウインドーの前で指をくわえているのだろうか。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009