ほっ・・ほっ・・ほっ・・のおもてなし

第11回 2007年度 受賞作品
入賞作品
作者名:香月千寿
所属企業:一般

記事(紹介文)


 「チーちゃん、すまんばってん天神町のあの和菓子屋さんに行って、いつものお饅頭ばお歳暮に贈って来ちゃんしゃい!」
 お婆ちゃんは、おん歳85才。半年前までは、1人でいそいそと街へ出かけていたのだが、転んで背骨を痛めて以来、歩行も車椅子に座ることもつらくなり外出が困難になっていた。
 「お歳暮だったら、私がデパートのカタログで頼むから、おばあちゃんのもついでに頼んであげるよ!」…… ところが、このお婆ちゃん、なかなかの頑固者。
 「いいや! いかん、いかん。デパートには無かもんが良かったい! どこでん無か、あの店の包装紙のあの饅頭やなかと、いかんと!」「ほれ、贈りたか人の名前と住所たい。あーそうそう、ポイントカードもあるけん、店員さんに見せてね。頼みますばい!」
 「ふ~っ……。」言い出したら聞かないお婆ちゃん。私は仕方なく年内山積みの仕事を前に、イライラした気持ちであわただしく年の瀬の街に出かけた。
 店に着いて注文を済ませてポイントカードを見せると……。
「あのー失礼ですが、○○様のお婆ちゃまの……」
「はい……家族の娘です」
「あぁ! やはりそうでしたか。この半年、ずっとお越しにならないので、みんなで心配しておりました。お優しくて、素敵なお婆ちゃまですね!」
(……お・お優しいだと? ス・テ・キだと?……お婆ちゃん相当ぶりっ子していたんだ……(汗))
「早速、お品をご用意させて頂きますので、こちらにお掛けになってお待ちくださいませ。」紅色の緋毛センの上にこしかけると、なんだか「ほっ・・・」とした気分になった。「お茶をどうぞ……」と丁寧に入れられた玉露のお茶に、添えられた小さな羊羹を口に含むと、気分はさらに「ほっ・・・」とした落ち着きを取り戻して行った。
 「お待たせ致しました。本日は娘さまにお越し頂き、本当にありがとうございました。これは…… 失礼かとは存じますが、お店の新商品と試食品を集めたものです。良かったらお婆ちゃまのお見舞いに……。ご試食後の感想をお電話いただたら幸いです!」と、店員さんの顔イラスト入りの名刺の裏に、お見舞いコメントまで添えてくれたのだ。(なるほど……、お婆ちゃんが、この店にこだわるはずだ!)と再認識させられた。
 その夜……、お婆ちゃんは、頂戴した試食品のお菓子を仏様にお供えして、何度も何度も名刺の裏に書かれたメッセージを、それは、それは嬉しそうに読み返していたのだった。その姿を見ていた私の心は、本日3回目の「ほっ・・・」とした気持ちに包まれていた。
 介護と仕事の両立で疲れ果てていた私は、あわただしい年の瀬に店員さん方から頂いた「ほっ・・・ほっ・・・ほっ・・・のおてなし」の真心にそっと感謝の手を合わせたのであった。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009