心に残った!~エピソード1~

第12回 2008年度 受賞作品
入賞作品
作者名:諸石奈保子
所属企業:㈱オカダヤ 新宿本店

記事(紹介文)


 その日もいつも通り対応をしていただけだった。特別なことなんて何もない。ピロピロ。いつものように電話がなる。
「こちら新宿オカダヤ衣装生地売場の諸石でございます」「配送をお願いしたいのですが」「はい、かしこまりました、商品名はなんでしょうか」。「サテンをお願いしたいのです」。
 聞くところによるとお客様は60、70近くのお歳で、お孫さんに服を作ってあげようとしていて、でもまだデザインは決まっていなくて、決まっているのは、水色のサテンとそれに合うオーガンジーを2色。これから忙しい午後。選んで配送の準備ができるのは今。じっくり選びたいと思いつつもそうはいかない12時過ぎ。直感で何本もカット台にひろげ、急いで生地の選別にとりかかる。時間にしておそらく10分。さっさとカットして、さくっと伝票書いて、それぃっと配送する。
 いつも通りの対応をしただけだった。特別なことなんて何もないと思っていた。
 次の日私は仕事が休みだったし、すぐこのお客様のことは忘れてしまっていた。頭の中をリセットして出勤し、電話を受けた日から数えて次の次の日、私宛に1通のFAXが届いていた。
「担当のモロイシ様、かわいい布でありがとうございました。おまかせいたしました布で気に入っています。少量の発送でしたが、とても感じよく対応していただき嬉しく思っています。孫にかわいいおよばれ服を作らせて頂きます。モロイシ様ありがとうございました」。 私の心臓がドキンと久々に鳴った。手書きで書かれたそのFAXは顔の見えないお客様の、声でしか触れていないお客様の私への感謝の気持ち。時間にしたら10分もない。私の中でさして印象もない。だけどこんなにもお客様の心に残るなんて。私はこのFAXで気付いた。私にとって覚えきれないくらいたくさんいるけれど、お客様にとってオカダヤの販売員は私1人なのだ。
 私にとってあのお客様が毎日訪れる100人のうちの1人でも、お客様にとってオカダヤの販売員は、あの日電話を受けた私、ただ1人なのだ。私の心にその日からある感情が生まれた。お客様の心に残りたい。心に残る接客がしたい。そしてお客様の個々に残るだけでなく私の心に残していきたい。
 時々FAXを見て、想い、描く。ニコニコ顔の女の子とおばあちゃん。女の子はシンデレラのドレスみたいなパステルカラーの空色サテンを身にまとい、おばあちゃんはそんな女の子の手を握り、2人見つめあいながら出て行くのだ。
 これは私の心にこれから沢山残っていくであろうお客様の、記念すべき最初のはなし。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009