ヨクデキマシタ

第01回 1997年度 受賞作品
入賞作品
作者名:(氏名割愛)
所属企業:CD販売店勤務

記事(紹介文)


 私は販売という職種に就いて、もう6年になるが、今だに外国人のお客様が来ると緊張してしまう。何とか片言なら英語らしきものをしゃべれるのだが、ダーッと流暢に話されるともうお手上げだ。
その日、久々に外国人女性が来店した。何か私にききたそうにしている。緊張で固まりながら彼女が近付いてくるのを待った。「スイマセン」。ああっきたっ! 凍りついた笑みを浮かべて「ハイ、いらっしゃいませ。」手にはエニグマのCDを二枚持っている。「コレハ、ムズカシイデスカ?」良かった、日本語だ…でもきかれた事がさっぱりわからない。「え?」聞き返すとまた「コレハムズカシイデスカ?」。『難しいって何? 曲の内容?それとも歌詞?』その時の私を漫画で画いたら、きっと頭からクエスチョンマークがいっぱい出ていただろう。今思えば、きっと「激しい曲調=ハード」の事を彼女なりに日本語訳した結果が「ハード=難しい」だったのだろうが、動転している私に考える余地はなく、「こちらがシングルで、同じ曲のバージョン違いが四曲入っています。こちらはアルバムで、全部違う曲で10曲入っています」という的外れな受け答えをしてしまった。彼女もそれを察したらしく「OK」と言って別な質問をしてきた。
 「今年のアメリカのグラミーアワードでナンバーワンになった女の人のはありますか」…グラミー賞のナンバーワンって誰だっけ、ああ、思い出せない!「金髪でフワフワした髪の、ちょっとカントリー入ってる…」「カントリー? あ、ガースブルックス?」「ノー、ガースじゃなく…」。誰なんだー! 平静を装っていたけれど、もはや頭の中はパニックだった! その時だった。突然名前が浮かんだのだ。「アラニスモリセット?」「ワカラナイ、そのCDありますか?」心境として点火したての花火である。
 パッとCDを手に取って彼女に渡した。1曲目を指差し、「コレデス!」。頭の中で花火が上がった。「良かったー!」 私と彼女は拍手して答えにたどり着けて事を喜んだ。まさに狂喜乱舞という言葉がぴったりくる程の喜びようだった(と思う)。アラニスモリセットと、最初に変な説明をしてしまったエニグマのCDを彼女は買って行った。お会計の時、彼女はニコニコして言った。「ヨクデキマシタ」。またもや意味不明。でも何となく気持ちは伝わる。感謝されているのね、と。お店を後にする時も「ヨクデキマシタ」と彼女は言った。本当にちゃんと探すことが出来て良かった!
 苦手な外国人客にも今度からはきっともっと努力して接客できる。今回の私はとてもヨクデキタのだから…。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009