思い出せない、思い出の曲

第17回 2013年度 受賞作品
入賞作品
作者名:  梶原 僚
所属企業:  ㈱新星堂  水戸店

記事(紹介文)

Mさんは東方神起が好きなお婆ちゃん。
 東京に住むお孫さんと共通の趣味だそうで、新作が出るたびに予約をしてくださって発売日になると「感想を孫に言わなくちゃ」と嬉しそうに買って行かれます。お気に入りのメンバーも決まっていてソロ作品やドラマ、別グループの作品も雑誌などから情報を得て楽しまれています。Mさん「なかなか、この年齢だと共通の趣味の人がいないから、ここに来るとお話しできて楽しいのよ」と言ってくださっていて、いつもニコニコ笑顔でお話している私たちが笑顔になってしまう水戸店のお得意様です。
 ある日、いつものようにご来店頂いてお買物して頂いた後に「あのね、すごく有名な曲でどうしても思い出せない、思い出の曲があるのだけど探してくれないかしら」とおっしゃいました。特徴はクラシックのピアノ曲でジャケットが枝葉と花が咲いているジャケット。とても静かでキレイな曲。恐らく有名な曲でクラシックをあまり聞かないMさんでもそのCDを初めて聴いた時に旋律に耳馴染みがあったそうです。10年前に1000円くらいで購入されたらしいですが、演奏家も作曲者も思い出せないそうです。東方神起関連以外をお問い合わせいただいたのが初めてだったので、「Mさんにクラシックの曲をお探しするの初めてですね、思い出深い曲なんですか」とお訪ねすると、実は10年前にご主人を亡くされていて、亡くなる前に、頼まれて買って病室で流していたCDだそうです。CDはその時のバタバタでどこかへいってしまって今、改めて聴きたいと思ったそうで、ご主人が亡くなって10年になる来月までに欲しいというご希望でした。
 さて困りました。作曲者も演奏者も分かりません。分かるのはジャケットの雰囲気と大体のお値段に静かなピアノ曲というイメージだけ。普段、クラシックの曲を調べるときには作曲者や演奏者は重要なヒントになります。それらが無いとなると調べようがありません。難しいご依頼ですがMさんのために、どうしてもご用意したいと思いました。亡き旦那さんとの思い出の曲……。大事な曲のはずです。何とかお調べして聴いて頂きたい。私は絶対にご用意しようと決意しました。
 タイムリミットは1ヵ月。まずは有名なピアノ曲ということでピアノ曲を調べました。バッハ、ショパン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューマン、リスト、ラヴェル、チャイコフスキー……。有名曲をピックアップしてジャケットを調べていく作業は途方もないもので、仕事の合間や帰宅後、開店前などに調べ続けました。少しずつ調べ続けて2週間後、1枚のCDが目に留まりました。それは「月の光~ドビュッシー:ピアノ作品集/アース」でした。ジャケットには枝葉と桜と思わしき絵が描かれています。「月の光」は静かで印象的なピアノ曲、このCDに違いないと思い、Mさんへ連絡しました。
 「そう、これ! このCDだわ!良く見つけてくれたわねー! ありがとう!」と大変喜んでいただき、私も充実感でいっぱいになりました。商品をご購入いただいてから数日後、改めてMさんが来店されて「先日は本当にありがとうね。夜聴いていると主人と一緒に聴いていた時のことを思い出してとても安心するの。少し寂しい気持ちもあるけどね。一生大事にしていくわ。あーお願いして本当によかった。」とさらにお礼のお言葉を頂きました。
 お客様にとって一生の宝物になる商品をご提供出来たことがとても嬉しく販売員をしていてこれ以上の幸せはありません。これからもお客様にとってその一枚が一生の宝物になるような仕事が出来ることが私の目標です。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009