小さな広告塔

第18回 2014年度 受賞作品
入賞作品
作者名:  山岸 愛
所属企業: ㈱パスポート

記事(紹介文)


 去年の春、当時2歳の息子が保育園に入園しました。「超」がつくほどママっ子の息子は、別れ際、数か月泣き続けました。そんな息子が後にパスポートの小さな広告塔!?になるなんて…。
 保育園ママさんは、ほとんどの方が仕事をされているので登園時もせわしなく、ゆっくりお話しする機会もあまりありません。ましてやママさんの年代もバラバラ。入園当初は挨拶だけのお付き合いが続きました。ところが、ちょっとしたことがきっかけで、私の知名度が上がり、たくさんのママさんたちと会話ができるようになったのです。
 きっかけは、息子の担任のR先生がパスポートの隠れファンだったということ。それが発覚したのは突然息子が発した
 「ママ、今日もぱすぽーとのお仕事?」
という言葉でした。
 「お仕事行ってくるね」
という会話はしていますが、パスポートという店名(社名)までは教えていなかったので、突然の「ぱすぽーと」発言にビックリ。
 後々、R先生が毎朝泣いている息子に、「きーちゃんのママはパスポートでお仕事してるんだよ。パスポートってすっごくカッコいいお店なんだから。きーちゃんのママすごいね。だから、きーちゃんも保育園頑張ろうね!」といつも言い聞かせてくれていたことがわかりました。
 R先生は私に会うと、
 「昨日パスポートでパジャマ買いましたよ」
 などと嬉しい報告をたくさんしてくれます。そんな話を横で誇らしげに聞いている息子はいつの間にやら「ぱすぽーと」フィーバーに…(笑)。きっと得意になってお友だちや先生、ママさんたちに
 「ママは、ぱすぽーとでお仕事してるんだ」
 とでも言いふらしたのでしょう。いつしか
〝きーちゃんのママはパスポート〟は、ちょっぴり有名になりました。それがきっかけなのか、同じクラスのママさんたちがたくさん話しかけてくださるように…。
 「このカエルちゃん、パスポートで買ったんだよー」
 「上の子がパスポート大好きでよく行くんです」
 などなど、パスポートの話題から始まり、たくさん会話が広がるようになりました。
 意外とたくさんいるんだな~、パスポートファン。嬉しい!
 今年の3月には、園長先生からも直々に、
 「きーちゃんのママにお願いなんだけど、お別れ会で渡すプレゼントを40個用意してほしいの」
と注文を受けたり、〝パスポートのきーちゃんママ〟はちょっぴり頼られる存在になっていました。
 それもこれも、小さな広告塔クンのおかげかしら。
 「ママ~。今日もぱすぽーとがんばってね~。タッチ!」
 1年前のような泣き顔はもうありません。笑顔で見送ってくれる小さな広告塔クンにパワーをもらって、きーちゃんママは今日もぱすぽーとのお仕事がんばります。
 「お迎え待っててね!」

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009