「誠実」の原点

第18回 2014年度 受賞作品
入賞作品
作者名:  宮田はるか
所属企業: ㈱イワキ

記事(紹介文)

 そのお客様は、心を閉ざした方だった。
 車椅子で入店され、怒ったような顔で傍にいるスタッフを睨み、取り付く島もない様子。
 「いらっしゃいませ」という呼びかけにも露骨に嫌な顔をされてしまい、まだメガネ屋になりたてで押しの弱い性格の私は、店の隅っこにビュン!っと退いた。そこでも、遠巻きに様子を眺めていると、どうやら何かを探されているようだ。
 そ~っと近づいて、ゆ~っくり時間をかけてお話しいただくと、ポツポツと言葉が多くなり、目線から険が取れ、小さな声で話して下さるようになった。
 「フレームは大きい方が…」
 「目元を隠したいの。だからレンズの色は濃くしたいの」
 「今度親戚の集まりがあるからそれまでには…」
 言葉を繋ぎながらなんとかご希望をお伺いし、結局3時間ほどお話させていただいただろうか。その結果、高額商品である金枠のフレームをお求めいただいたのである。まだ経験の乏しかった私には大きな出来事で、仕上がりを楽しみに待っていた。
 そして、一週間後。届いたレンズを見て青ざめた。出来上がりのレンズの色が指定よりも薄くできている気がする。う~ん、これではご希望にはかなわないかもしれない…。しかし、作り直しをしたらお客様のご用事に間に合わない。
 せっかく喜んで下さったのに、本当に申し訳ない…。仮納品にさせていただいても、何度もご来店いただくのは大変だろうな。このままキャンセルになってしまったらどうしよう…。
 考えた末、かなりの緊張の中でお客様に電話をかけた。正直に色味が薄く仕上がってしまったことを伝え、納期の延長をお願いしようとすると、まず、今の色を確認しに一度ご来店下さることになった。
 そして数日後、ご来店になったお客様を前に、私は何度も謝り続けた。しっかりと商品を確認されるお客様。沈黙に押しつぶされそうになりながらも、なんとか作り直しの許可をいただくことができた。〝申し訳ない〟の一心で、ただペコペコとお辞儀を繰り返し、下を向く私。するとお客様は、鞄からゆっくり何かを取り出し始めた。現れたのは、鎖の部分がからまってしまったダイヤのネックレス。
 「目が悪くてほどけないの。ほどいてくれる?」
 その鎖をゆっくり手でほぐしていると、少しずつ気持ちが落ち着いてきた。
 「…あっ、ほどけました!」
 手を大きく上にあげて正面を見ると、とても優しく私を見るお客様の顔。つられて私も笑ってしまう。するとお客様は、穏やかな顔のまま頷いてこうおっしゃった。
 「一生懸命やってくれて、ありがとう」
 私の緊張をほどいてくださったお客様の優しさが、心に沁みてゆくような時間だった。
 そのお客様がお帰りになった後、先輩がこんなことを話してくれた。「もちろん、お客様の大切なお金と時間を頂戴しているのだから、失敗はよくないんだけどね。上手くいかないことはある。間違えてしまったことは、正直に、誠実に話せば解かって下さることもある。でも、嘘をついたりごまかしたりしたことは、絶対に許してくれないんだよ」
 お客様と接する。ただそれだけのことだけれど、本当に難しいと思う。今も毎日そう思う。お客様の心には目には見えない扉みたいなものがあって、それはほんのささいな一言、仕草などでもあっという間に風向きが変ってしまう。その動きに寄り添うためには時間がかかることもあるし、正解と呼べるものはない。
 でも、その扉の中にしか、本当に欲しい商品はない。もしもそのドアに合うカギのひとつが「誠実」という言葉なのだとしたら、私はこれからもその言葉を心の真ん中に置いて、仕事をしていきたいと思う。あの時ゆっくりと心の扉を開けてくれたお客様の優しさは、今でも私の「誠実」の原点である。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009