お客様は豪快おばさん

第02回 1998年度 受賞作品
入賞作品
作者名:下川原 敦
所属企業:㈱新星堂

記事(紹介文)


 私のお客様で、月1回必ず店に立ち寄ってくれ、CDシングルを1枚買っていかれる年配の方がいます。高校生の娘さんがいて、その娘さんとCDを共有しているようで、わりと若い人が聞くようなCDを買っていかれます。先日は、「反町っていい男だね」と、発売されたばかりの反町隆志のCDシングルを手に取り、「娘も好きでさ、親子っていうのは男の趣味まで似るもんなだべが」。こんな調子で、もう機関銃のようにまくしたててくる豪快なおばさんで、私は相づちを打つのが精いっぱいという感じなのですが、なにせ話が面白くて、いつもついつい話し込んでしまいます。そのときの反町の話にも続きがあって、「娘のボーイフレンドがまたいい男でさ、反町に似でんのさ、私も本気でほれてしまってさ。んでもやっぱり若さには勝でねな。ガハハハ」。これには私も仕事を忘れて大爆笑してしまいました。
 こんな感じで、来店していただいたときには必ず30分ぐらい話をしてからCDを買っていただいていたのですが、先日帰り際に、こんなことを言って帰られました。「こうやってさ、CDひとっつ買うにもさ、ただレジさ持ってって買うんではおもしろくねがらさ。だがら私はいつもあんたの所で買うんだよ。家の近くにもレコード屋さんはあるんだけどもさ」。私にとってこのお客様との30分ほどの会話は、「接客をしている」という意識がなかっただけに、うれしくもあり、また勉強させられたと思い知るひと言でした。
 普段は、比較的自分と年が近く、趣味も似通っているお客様と接する機会が多いのですが、そういう若いお客様は、様々な情報を提供したり、そのお客様の趣味に合うようなCDをお薦めすることで満足していただけることが多いのですが、このお客様のように、ただ話し相手になるだけで喜んでいただける場合もあるのです。極端に言うと、10人のお客様がいたら十通りの接客の仕方があるのだと思います。それを見つけるのが、接客の難しさでもあり、楽しさでもあるのだと思います。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009