この仕事

第20回 2016年度 受賞作品
優秀賞作品
作者名:  増田優鶴
所属企業: ㈱山野楽器

記事(紹介文)


 接客以外の担当業務が増えた頃だった。カウンターで作業をしていたところ、中年男性のお客様に声をかけられた。
「楽譜を探しているんですが……」
「浪漫飛行やいとしのエリー、○○と△△です。アルトサックスとピアノで演奏できるやつがいいんですが」
 正直面倒だと思った。曲数が多い。時間がかかる。まあ「アルトサックスとピアノ」という条件なら幾分ほかの楽器より絞りやすい、などと思いながらパソコンを見つめカタカタしていた。
 調べると、曲によって単品で出版されているもの(ピースと呼ぶ)もあれば、何曲かまとまっている本にしか入っていないものもあるし、さらには、こちらの本には浪漫飛行と○○が入っているがもう一方の本には浪漫飛行と△△が入っている、などという絞り込むには予想通り少し時間がかかる状況になった。
 なるべく安く済ませたいと思うお客様は多い。何も言われなくてもそれに合わせることにしているが、今回は判断が難しかったため、お客様には正直にこの状況を話してとりあえずお探しの曲のピースや入っている本を5、6冊、棚から持ってきて見てもらった。
「あ~なるほど、これは単品だけど、それはそっちの本にしか入ってないんだ。あれとそれは同じ本に入ってるけど……。う~ん難しいですね」
この感じは“おしゃべりしながら店員と決めたい”お客様だな、とこの時判断し、作業中だった仕事はいよいよ諦めることにした。
 楽譜を見ながらこんなことを言い出す。
「いや、実は僕が勝手にこの辺りの曲が欲しいなと思っているだけで、必ずこの曲がいいってわけでもないんですよ。何かこういう感じのでいい曲あります?」
こういう感じの……、確かに4曲ともラブソングで90年代以前のものだった。その共通点を問いかけてみたら、そうだとおっしゃるので、その系統の本をまた数冊引っ張り出してきてカウンターに広げた。
「こっちはピアノ伴奏のアレンジが……」
「こっちはキーがな……。あっ、でもこの曲も入ってる」
などと、ああだこうだと言いながら数十分かけて結局2冊ほどに決定した。この時はお客様が何に使うかなど気にもしていなかった。むしろ、あー、やれやれと思っていた。
 会計の時だった。
「実はこれ、僕がサックス、娘がピアノでやるんですよ。娘の結婚式にね。いやー、娘に笑われるんじゃないか心配ですよ。本当に」
 少し恥ずかしそうに笑いながら話すこのお客様の、この最後の話が、私の心を一瞬で変えた。なんてことだろう!娘さんの結婚式?お嬢様はどんな方なんだろう。こんなこと現実にあるんだなあ。なんていいお父様!なんていい親子なんだろう!
 父がいない私には少し複雑だった。でも、喜びの気持ちや感動の方が大きかった。こうやって音楽は人と人とを繋げ、人の役に立っている、私たちはそれを提供する立場にある。そう強く感じ、またはっとさせられた瞬間だった。
私はなぜこの仕事を選んだのか……。さっきまでの自分を恥じた。
最後、私は涙を堪えながら笑顔でお客様をお見送りした。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009