私がしている余計なこと

第20回 2016年度 受賞作品
入賞作品
作者名:  持丸亜紀子
所属企業: ㈱山野楽器

記事(紹介文)


 銀座勤務は学生時代から数えると、いよいよ四半世紀になりそうです。こどものころから、買い物や外食、何かあれば銀座へ! だったので、自然と大好きな街になりました。
 そんな私が得意なのは銀座の道案内。幸いにも「業務中の道案内は禁止である」なんて会社からのお達しはありません。制服に地図を忍ばせ、「さあ、いらっしゃい!」と試合開始のキャッチャー気取りで業務開始。お買い物の次に向かわれるお店の場所のお問い合わせ、とっても多いんです。
 時々脱線して昔の銀座の話になることもよくあります。さすがに会社の創業1892年頃は無理でも、1970年以降ならなんとか……。そんなの道案内に関係ないでしょ?
 それがあるんです。それが銀座の道案内なんです。
「昔、○○があった辺りなんだけど……、○○なんて知らないわよね?」
「ええと、それはこの辺りにありましたね」
とお答えすれば、あれは、これは、とお客様からボールが続けざまに飛んでくることも……。にわかキャッチャー、しっかり受けて返しますよ。
 「顔のビルのオモチャ屋さんは、建て替えられてしまいました」「デパートの屋上にあった、自動販売機のハンバーガーおいしかったですね」「あの中古レコード屋さん、私もアイドルのレコードをよく買いました」
自分とお客様の思い出話を引き出しながらお話ししていると、その時代にいるような気分になり、おかげでボールならぬ、話がどんどん弾みます。
そして思うのです。銀座はこんなにも愛されている街なんだなぁと……。
 制服で外出すると、海外の方から道を尋ねられることも多くなりました。レストランにご案内した方がお買い物に来てくださり、「やっぱり銀座に来てよかった!」なんて笑顔を返されたら、今度は勘違い親善大使に。
 「毎日何しに来てるの?」って叱られそうですが、この制服を着ている間は一店員ながら銀座大使のつもりです。しっかり銀座ファンを増やし、この街を笑顔でいっぱいにしたい。私がこどものころ、そうしてもらったように。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009