モテ期到来

第20回 2016年度 受賞作品
入賞作品
作者名:  橋本 薫
所属企業: ㈱虎屋

記事(紹介文)


 美人でもなく若くもない。そんな私ですがモテています。もちろん男性に!といいたいところですが、老若男女問わずのお客様にです。その訳は、熨斗紙に名前を書き入れる筆さばきの上手さ?ゆえです。
 私の職場は、高級和菓子専門店。しかも有名百貨店内にあるため、1年を通して進物のご利用がとても多いのです。
「お中元の熨斗で」「誕生日のお祝いに贈るんだけど」「お礼の品に」等、様々な贈り物として、ご用途に見合う熨斗を提案し、お客様のお名前を書き入れて仕上げます。
 小学生の頃から中学生にかけて書道を習っていた私は、当然他のメンバーよりも上手く書けるつもりでいました。そして若さゆえに、少し天狗になっていたのかもしれません。
 ある女性のお客様のお名前を書いて確認をしていただいたところ、ご覧になってひと言、
「うーん、やはり名前は書かなくていいわ」
と言われてしまいました。
(エーッ? なんで? どうして?)と思いながら、お客様から受けた初めての反応に、理由を問うことができず、商品を包んでお渡しし、結局「ありがとうございました」とお見送りをしてしまいました。
 とてもショックでした。天狗の鼻が? 心が折れて、倉庫に逃げ込み泣いてしまいました。もしかしたら驕りが文字に表れていたかもしれません。丁寧に書けていなかったのかもしれません。それを気付かせてくださったお客様との一件でした。
 それからは、心して丁寧に、自信がない時は必ず書き直して仕上げるようにして、あの時のお客様に備えました。
 月日は流れ、練習を重ね、近頃は社内の書道部に在籍し、更に腕を磨いています
たかが名前書きです。たくさんあるお客様対応の、ほんの一瞬の出来事です。
それでも、「ありがとう、こんなに綺麗に書いてくれて」「嬉しい、すごくいいわ。手書きでしょう」「パソコンじゃないの?上手い!」などと、笑顔で喜んでくださることが、何よりも嬉しくて幸せを感じます。
「あなたに名前を書いてもらおうと贈り物を買いに来たんだよ」と声をかけてくださるお客様方に感謝しています。
 更にファンを増やそうと、今日も心を込めて、お名前を書き入れています。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009