最高の手紙

第20回 2016年度 受賞作品
入賞作品
作者名:  五十嵐康真
所属企業: ㈱ワシントン靴店

記事(紹介文)


 20時50分、閉店10分前の曲が館内に流れ始めた頃に、その女性は来店された。
「いらっしゃいませ」
 私が勤務する新宿は、夜が深まってもむしろ往来する人は増える土地柄。これくらいの時間帯でも買い物を満喫される方は多い。しかし、見たところ20代と思われるお客様は、心なしか急いでいるような表情だった。
 春夏のパンプスをいくつか手に取り、靴の裏を見たりヒールをまじまじと覗いている。そのうちの2つのデザインで悩み始めた。ひとつは、いわゆる通勤向けの黒パンプス。一方は、大きめのバックル飾りが付いて、ヒールも太めのスウェードネイビーパンプスだった。どちらも美しいシルエットでおすすめだ。
 聞くと、やはりお仕事で使う靴を見に来られたとのこと。しかし、明日にでも履きたいため、必要に迫られていて楽しく靴を見比べている余裕はなかった。
「自分のお客様には損はさせない」
私が日頃大事にしているモットーだ。早速、フィッティングに取りかかった。時間も、あと僅かしか無い。
 22センチ前後を履かれる方からは、「どこを探しても、自分のサイズが置いてない」「可愛いものが少ない」といった声を聞く。お客様もそんな悩める女性の一人だった。目の前に並んでいる可愛い靴が履けないのは、辛いことだ。
 幸い、ふたつともサイズは何とか履けるようだった。職業柄、そこまで堅苦しい靴ではなくても良いらしく、私は休日でもお洒落に履けそうなネイビーを勧めてみた。こちらを試着した時の方が明らかに、来店時にはなかった素敵な笑顔をされたからだ。
 左右の足の大きさに差があり、時間が許される限り調整して何とかご納得頂けた。気付くと周りの店はシャッターを下ろし始めていた。
「気に入ってもらえるだろうか……」
数日後、そのお客様からメーカー本社に1通のメールが届いた。文面には、調整してくれたことへの感謝とともに、「今までの人生で最高にぴったり足に合う物を購入できました」とあった。
 何故だろう。面と向かって言われる以上に嬉しかった。
靴が好きでこの仕事をしている自分にとって、〝人生で最高の〟お手紙を頂いた気がしたのだ。たった10分しかお話できなかったというのに。
いつか、感謝を返信できるだろうか。20時50分の曲を聴く度、そう願わずにはいられない。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009