ホントノオミセ

第03回 1999年度 受賞作品
入賞作品
作者名:(氏名割愛)
所属企業:一般

記事(紹介文)

 
 ボクの住んでいる所は、本当にいなかです。でも、ボクはココが大好きです。街には物がたくさんあって、たしかにイイトコロです。けれども、街の人たちは、苦手です。
 とにかく、ボクにはあいません。お店でもなんか人が多いし、やたらとデカい。店員もアルバイトの人が多く、機械みたいにレジを使いこなしています。なんだか肩がこります。ほんと、好きになれないんですよ。
でも、あの店は違いました。ボクはあの日も、母と一緒に買い物に出かけました。そこで、「新しくできたお店に行こう」ということになり、ボクと母は新しいお店に入りました。ひと言で言うと、一般的。どう見ても、これといった点がない。品ぞろえはまあまあ、他は特に。〈新しいだけで、たいしたことはないな〉。そんなことを思いつつ母の後についていきました。
 牛乳、猫のエサ、カレーの…。よし。全部入れたな。母と一緒に確認して、カゴをレジに持って行き、カゴをおいた次の瞬間、ボクはビックリしました。店員の人が、「こんばんは」と声をかけてきたのです。その後は何も言わずに仕事をしていたが、「こんばんは」のひと言にはおどろきました。普通は、「いらっしゃいませ」だ。一瞬、自分が何をすべきなのかわからなかった。街で知らない人があいさつしてくる。こんなことは初めてでした。
 それ以来ボクは、そこが気に入っています。あいさつがこんなに気持ちいいものだったとは、ほんとうにおどろきました。〈元気にあいさつ〉。これが、本当のサービスだと思う。そして、それが出来る店員は本当の店員で、本当の店員のいる店は、本当のお店だと思う。そして、そんなお店には本当のお客がつく。あなたは本当のお客ですか?

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009