家族アルバム

第06回 2002年度 受賞作品
優秀賞作品
作者名:(氏名割愛)
所属企業:一般

記事(紹介文)

 
 つい先日、私は故あって職を失った。サラリーマン生活20年を目前にして初めての経験。この不況のさなか、妻子4人を抱えて不安だらけの再就職活動が始まったのである。
 面接の準備を進めるうち、履歴書に添付する顔写真を用意する段になり、ハタと迷った。わが家では毎年、近所の写真館で家族そろっての記念写真を撮り続けている。履歴書写真の撮影にわざわざ馴染みの写真館に足を運んで、失業の経緯を説明する羽目になるのも少なからず気が引ける。別の写真館へ行くか、それとも街角のスピード写真で済まそうか…。
 その写真館を訪れるようになったのは、結婚を機に、今後の人生のささやかな記録になればとの思いで、妻と2人で立ち寄ったのがきっかけである。その日、愛想良く対応に出たふっくら顔のおばちゃんは、私たちをスタジオに案内すると、手際良くカメラの準備を始めた。まさかとは思ったが、案の定、当のおばちゃんが店主なのであった。「ご主人は脇役ね。素敵な奥さん中心で写しましょ」と、終始その場の雰囲気を和ませながら、おばちゃんはシャッターを押し続けた。
 楽しい女店主の人柄に惹かれ、以来10年余り、毎年お世話になることに。その間、3人の子供たちのお宮参り、七五三、入園・入学、とわが家の記念日には必ず立ち会って頂いていることになる。考えた末、私はおばちゃんの店で履歴書写真を撮影してもらうことに決めた。おばちゃんに会うことで、今の重苦しい気持ちを晴らすことができるような気がしたからだ。
 何日かぶりのスーツに着替え、店を訪ねる。1人での訪問に驚きながらも、おばちゃんは矢継ぎ早の質問を私に浴びせ、すっかり私の事情を悟る。撮影を終えると、満面の笑顔で「就職、きっと大丈夫」、と一言。
 やっぱり来て良かった。
心強い激励の言葉を噛み締めていると、おばちゃんが立派な装丁の1冊のアルバムを手渡してくれた。それは何と、これまでに撮影したわが家の家族写真を1冊にまとめたものだったのである。全く予期せぬ贈り物に驚く私に、おばちゃんはさり気なく答える。
 「毎年来て頂いて本当にありがとうね。記念になればと思って作ってみたの。ちょうど連絡しようと思っていたところだったのよ」。家に帰り、ずっしりと重いアルバムのページをめくる。家族の笑顔が並んでいる。カメラの前で愚図ったり、コチコチに緊張していた幼い日の子供たちは、おばちゃんにご機嫌を取ってもらいながら写真に収まった。そんな子供たちが、すくすくと立派になっていく。
 今年はどんな1枚が加わるのだろう、と想像した時、ふと自分の中から再就職に向けての熱いエネルギーが湧き出てくるのを感じた。
おばちゃん、こちらこそ本当にありがとう。そして、これからもどうぞ宜しく。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009