言葉の壁

第06回 2002年度 受賞作品
入賞作品
作者名:(氏名割愛)
所属企業:鞄販売店勤務

記事(紹介文)

 「結婚式行くがに、ちょっこいいがないが?」
私は、名古屋生れの名古屋育ちで根っからの名古屋人です。そんな私が富山県の高岡市で働くことになったのが22歳の頃でした。販売員として、富山では老舗の鞄専門店に勤務することになりました。
 学生の頃からアルバイトで接客業には慣れっこの私。知らない土地での接客業も大丈夫、と高をくくっていました。鞄の充分な知識もなかった私でしたが、雑誌や会社でもらった資料などで勉強し、準備万端!
 そして勤務初日。少し緊張していた私でしたが、なんとかなる!と思い、自分からお客様に声をかけていきました。順調に時間が過ぎていき、閉店間近、1人のご婦人が私に声をかけてきました。「結婚式行くがに、ちょっこいいがないが?」その話し方は、怒られているかのように早口で、強い口調だったのです。その上、言葉の意味も解らず、一気に舞い上がってしまった私をフォローしてくれたのが店長でした。
 「すみませんねぇ、この子今日が勤務初日で、名古屋から来て間もないんですよ」と、そのお客様に説明してくれたのです。元々店の常連様だった御婦人は、「なまりが強くて話が通じんかったやろう?」と、少しゆっくりめに優しく言ってくれました。近々結婚式があるので、その時に持っていくフォーマルバックが欲しいとのことでした。私は動揺を隠しながら、丁寧に接客しました。そしてバッグも決まり、帰り際お客様が私に、「ありがとえ。がんばりぃよ」と声を掛けて下さいました。先ほどまでのあせりと動揺がすーっとなくなり、心から「ありがとうございました!」という言葉が出たのです。
 知らない土地での言葉の壁。この時私は接客業の難しさを身をもって思い知らされたのです。と同時に、接客業の楽しさも知りました。それからの私は、一生懸命高岡の方言を覚え、積極的に自分からお客様に話しかけることにしました。そしてその結果、すっかり高岡弁をマスターし、言葉の壁を乗り越えることができたのです。
 5年後の今、名古屋に帰ってきてからも販売員として働いています。売る物が鞄から靴に変わりましたが、接客業に違いはありません。今の職場に就いて間もなく、富山から名古屋に観光に来られた方が来店されました。すぐに私はお客様と意気投合し、楽しい接客をすることができました。そのお客様も「まさか名古屋で富山について話ができるなんて」と、とても喜んで下さいました。そして帰り際、「ありがとえ」と懐かしい富山なまりでおっしゃいました。富山での4年間で得た経験は、名古屋に戻ってきた今でも活かされています。
 言葉の壁は様々ありますが、必ず乗り越えられます。乗り越えた先に待っているのは、お客様の満足された笑顔、そして販売員の喜び、達成感です。だから私は販売員という仕事を辞められません!

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009