今日のお店の目玉商品は?

第06回 2002年度 受賞作品
入賞作品
作者名:(氏名割愛)
所属企業:一般

記事(紹介文)

 
 妻が「ここが有名な小樽の名所ね」と、札幌から車を飛ばして着いた先で言った。
 「親戚の結婚式にはまだ時間が十分にあるから、少し歩き回って見るか」と、周囲の散策をすることにした。秋口で少し肌寒さを感じたが、期待通りの街で、気分は異国情緒の中にあった。
 「そろそろ結婚式場に行かないと」という妻の言葉で目が覚めて、来た道を戻らないで、式の案内状に書かれた地図から「こっちの方向だろう」と歩き出した。目標とする目印の建物がなかなか見つからない。
 「やっぱり道を確かめないとダメだ」と思って、近くのお菓子の店に飛び込んだ。
 店の人は親切に教えてくれた。
 (どうもオレは方向オンチだ。それにしても小樽の街は分かりにくい)などと考えていたためか、私の理解度は不十分で、「うん? うん!」と頼りなさそうに聞き返す私を見かねてか、お店の人が「近くまで私が案内してあげます」と言ってくれた。
 私は(助かった!済みません)という気持ちを込めて店の人に深々と頭を下げた。それでも感謝の気持ちがおさまらないので、(何か店のものを買おう)と改めて見ると、茶菓子の専門店であった。
 (高いなあ。でも何か少しは買わなきゃ)と思い、「今日のお店のお薦め品、目玉商品は何ですか?」とその人に尋ねてみた。その人は、私の心の中を察知してか(無理しなくてもいいですよ)という気持ちを込めて言ったのだと思う。
 その人は「今日の目玉商品は、私の笑顔です」と言った。その言葉を聞いた途端、無意識に、私は一番高級そうな茶菓子を指差していた。素晴らしい言葉に取り付かれたように。
 その人の案内で(20分以上かかって)、目標の目印のある建物の所に着くことができた。その人に感謝を込めて、夫婦2人で、また深々と御礼の頭を下げた。その人も笑顔でお辞儀をして、着物の裾をひるがえして帰っていった。目標の建物の奥に、結婚式をする教会があった。
親戚の新婦に、妻が、極上の笑顔を添えて、「おめでとう」と、神戸から持って来たお土産に、お店の人の<笑顔と親切>というソフトに包まれた茶菓子を添えて、手渡していた。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009