背の高いお姉さん

第07回 2003年度 受賞作品
優秀賞作品
作者名:(氏名割愛)
所属企業:一般

記事(紹介文)

 
 娘と青森に行った時のこと。周りの地理に詳しくないので、とりあえず駅ビルで買い物をすることにした。娘と私はさっそく、洋服売り場へと向かった。偶然にも私の好きなブランドのお店を見つけて、私はそこでお買い物。娘は、あちこち目移りさせて、いろんなお店をのぞいている。
 一通りお店をチェックした娘が、私のところにやって来た。「このお店、かわいいものが揃ってるんだよ」。私の言葉に、店内をチェックしていた娘は、「ほんとだ」と言って、ひとつの商品の前に釘付けになった。
 娘が見つけたかわいいもの、そのお店の手作りのぬいぐるみだ。大きいサイズと小さいサイズ、2つを見比べて悩む娘。お小遣いには限度がある。大きい方は買えない訳じゃないけど、買うとその後がピンチになるのだ。小さい方は即決で買えるけれど、なにか物足りないのか、娘の気持ちは決まらない。
 私がアドバイスしようとした時、1人の店員さんが娘に近付いた。背の高い女性の店員さんだ。(どうせ、高い方を買わせるんだろう)と、私は思っていた。(それも娘の人生経験になるだろう)と、しばらく様子を見ることにした。
 「それ、かわいいでしょう?」 娘に話しかける店員さん。ちょっとびっくりする娘。娘も私と同じことを考えていたらしい。店員さんは笑顔のままで、「この大きい方はかわいいけれど、少し高いのよね」と言った。私も娘もちょっとびっくり。店員さんは、続けて言う。「この小さい方はね、部屋に飾っておいてもかわいいし、ひもを付けて鞄にぶらさげてもかわいいよ」。その言葉で、娘の迷いはなくなった。「小さい方を下さい」。娘は笑顔で言った。店員さんは、ていねいにぬいぐるみを包んでくれて、会計の後、娘にこっそり耳打ちした。
 「本当は、こっちの小さい方がよく売れてるのよ」。娘も私も、すっかりこの店員さんのファンになった。ビルを出たら、北風が寒かったけれど、私も娘も、心はとっても暖かくなっていた。また来る時も、あの店員さんに会えたらいいな。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009