心からありがとう

第07回 2003年度 受賞作品
入賞作品
作者名:伊藤恭子
所属企業:一般

記事(紹介文)

 
 「いらっしゃいませ」店内に足を踏み入れると、どこの店もたいていこの声で迎えてくれる。
夏の暑い日、私はその強い陽射しに耐えかねて、サングラスを購入しようと母と2人でフラっと眼鏡店に入った。「いらっしゃいませ」いつもの声が店内に響き渡る中、私は目的の商品の所へ向かった。
 「種類がたくさんあって迷うね」「かけてみなさい。見てあげるから」。母とこんなやり取りをしながら、気になるサングラスを次々にかけては鏡を覗き込み、やっとの事で2つに絞り込んだ時には、20分以上経過していた。
 「スミマセン」私の呼びかけに店員がやって来た。「お決まりになりましたか?」「実は、まだ迷っていて…」そんな曖昧な私の態度に嫌な顔もせず、色々とアドバイスをし始めてくれた。さすがに母もじれったくなってきたらしく、「安いから2つ買えばいいじゃない」と私をせかし始める。ひとつ1500円。確かに安い。でも、私にしてみれば2つなんか必要ないし、実用性のあるシッカリした物が欲しい。店員を質問攻めにして根掘り葉堀りと聞いた後、やっとの事で決定した。
 「では、こちらにどうぞ」。店員は丁寧に私を誘導して、レジ脇の椅子に腰をおろさせた。「サイズを調整しますね」。そう言うと、私にサングラスをかけて、細かに調節してくれた。こうして私のサイズに仕上がったサングラスは、ケースも付けてもらい立派な一品となった。
「ありがとうございました。不都合があったら、小さな事でもいらして下さい」。終始心地の良い接客に、ありがとうと言いたいのはこっちの方だ。たった1500円のサングラス。でも、私にとっては大切な買い物。そういう客の気持ちをわかってくれているような、親切で嫌味のない接客態度。何か必要になったら、又、ここで買おう。知り合いにもこの店を勧めてあげよう。そんなふうに思えたのは初めてだった。
客がいても、店員同士大声で話をして笑ったり、強引に商品を薦めたり、そんな店がたくさんある中で、この店の店員に出会えたのは非常に嬉しい事だった。
 「本当にお世話かけました」。
私は、心の底からお礼を言い、何度かお辞儀をして店を後にした。いつもこんなに良い気分で、買い物ができればいいのに。そんな事を考えながら、強い陽射しを遮るために、買ったばかりのサングラスをケースから取り出した。

タグ(関連キーワード)

コンセプト 審査委員長紹介 お問い合わせ 日本専門店協会サイト プライバシーポリシー
Copy right (c) Japan Specialty Store Association All Rights reserved 2009